遂に発表!トレーナーバトルの詳細情報まとめ!

2018年12月10日 [アップデート, 攻略, 新着情報]
Pocket

トレーナーバトル

トレーナーバトルの詳細情報

ポケモンGOでもう間もなく実装となる新機能「トレーナーバトル」の新情報についてまとめてみました!
対人戦となるバトルの報酬やルールなどを下記にまとめていますので、ぜひご覧になってみて下さい。

対戦相手や遊び方について

・近くにいる人との対戦
対人戦

対人戦では、上記画像のようにQRコードを読み込むことで対戦することができるようになります。お互いが近くにいることが対戦の条件になっていますが例外もあります。対戦相手が見つかった場合は、ポケモンGO内に表示されているバトル専用のQRコードを相手に読み込んでもらいましょう。

・フレンドレベルが親友以上の場合

上記に記載している例外ですが、フレンドのレベルが親友以上であれば、遠く離れていてもバトルすることが可能になります。

・チームリーダーorコンピューターに挑戦

対人戦の相手がいなかった場合はコンピューターに挑戦することも可能です。また、チームリーダーに挑戦することも可能になっており、それぞれチームリーダー毎に難易度が決まっています。技や操作の練習にはもってこいなので、対人戦の前に挑戦してみましょう。

・13歳未満はトレーニングバトルのみ

残念なことですが、年齢が13歳未満の場合では対人戦をプレイすることができない仕様となっている模様です。ただし、チームリーダーとのトレーニングバトルは挑戦することができます。

・バトル方法はリアルタイム

対人戦はプレイヤー同士がリアルタイムでポケモンを操作して戦うことになります。よってジムバトルとは違い、お互いのポケモンをリアルタイムで操作することになるので、今まで以上に戦略を立てるのが重要になります。

・シールドでゲージ技を防ぐ
シールド

シールドは相手のゲージ技を防ぐことが可能になるシステムです。
ただし、1試合で2回までという回数制限があるので要注意!また、対人戦では通常技を回避することができなくなるので、通常技のダメージは全て受けることになります。

ゲージ技を防ぐシールドを仕様するタイミングが、バトルの勝敗を左右するポイントとなっています。

・サードアタックが追加

対人戦では、新ゲージ技「サードアタック」が実装されます。
サードアタックは、”ほしのすな”と”アメ”を消費して、ポケモンが覚えられる技の中から選択して覚えさせる事ができるようになります。

・リーグについて
トレーナーバトル リーグ

対人戦では、3つのリーグから選んで遊ぶことになります。
それぞれポケモンのCPに制限があるので、決められたCP以内のポケモンのみ使用することができるようになります。

グレートリーグ:CP1,500まで
ウルトラリーグ:CP2,500まで
マスターリーグ:CP制限なし

バトル報酬について

・負けても報酬は手に入る

対人戦を行うと報酬を受け取ることがことができます。1日で受け取れる報酬の回数は決まっているのですが、毎日獲得することができるので、コツコツ集めていきましょう。

ちなみに、バトルの報酬は、勝敗に関係なく獲得することができます。報酬を獲得することが目的ならば、勝ち負けを気にする必要はありません。

・リワードがある

ほしのすななどのリワードは、チームリーダーとのバトルで1日1回受け取ることができます。忘れずに受け取っていくようにしましょう。

・エリートトレーナーメダルを獲得できる

トレーニングをすると、エリートトレーナーメダルも獲得することができます。メダルを獲得するのが目的の場合は積極的にトレーニングをこなしていきましょう。

バトルの制限について

・バトル回数

チームリーダーとのトレーニングバトルではプレイ回数に上限がありませでもバトルをすることができます。

・トレーナーバトル回数

トレーナーバトルは、1日に3回まで報酬を受取ることができます。

・トレーニングリワード

チームリーダーとのトレーニングバトルは、1日1回までリワードを貰うことができます。毎日挑戦してコツコツ集めていきましょう。

Pocket

タグ:

コメントを残す

サブコンテンツ