今人気の記事!

【ポケモンGO】ポケモンGOのせいで道路交通法改正確定!!

2016年11月15日 [新着情報]
Pocket

1:名無し:2016/11/15(火):ID???????

 自民党は15日午前、交通安全対策特別委員会などの合同会議を開き、スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を操作しながら運転することによる事故多発を受け、道路交通法改正での厳罰化も視野に事故防止策の検討に入ることで一致した。被害者のヒアリングを実施し、意見集約を図る方針だ。
 会議では、運転中のスマホ使用について出席議員から「酒酔い運転と同じくらい罪が重い」「しっかりと歯止めをかけるべきだ」と罰則強化を求める意見が相次いだ。
 警察庁によると、運転者がポケモンGO操作中に発生した死亡事故は、これまでに国内で3件発生。
(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016111501001211.html

2:名無し:2016/11/15(火):ID???????
愛知県絶対に許さんぞ!!!!!!

3:名無し:2016/11/15(火):ID???????
飲酒運転並みとか洒落にならんな
着信来たら誰からだろう?ってちら見することすら許されんのか?

4:名無し:2016/11/15(火):ID???????
そもそも運転中は電話禁止が当然だからな
これは支持するわ

5:名無し:2016/11/15(火):ID???????
低速でダラダラ走っててうざいなぁと思って追い越し際に見てみるとだいたい電話しながら運転してるおっさん

6:名無し:2016/11/15(火):ID???????
スマホカーナビ代わりにしてるのはどうなるの?

7:名無し:2016/11/15(火):ID???????
>>6
もれなくアウトです

8:名無し:2016/11/15(火):ID???????
運転しない奴からすれば大賛成だろうな

9:名無し:2016/11/15(火):ID???????
で、どうやって判別するの?
飲酒みたいに息吐かせて判断させるわけにはいかないよな

10:名無し:2016/11/15(火):ID???????
>>9
警察がスマホメラで撮影

11:名無し:2016/11/15(火):ID???????
そんなことよりジジババの免許取り上げるのが先だろ

Pocket

タグ:,

コメントはこちら
  1. 名無しさん@トレーナー より:

    酒酔い運転と同罪かぁ。じゃあ、運転しながらもしくは信号待ちの間、スマホをいじった所を警察官に見られた瞬間、免許取消と罰金が科せられるのか。
    なんかポケモンGOが反社会的行為みたいだな。

  2. 名無しさん@トレーナー より:

    年寄りのアクセル踏み間違い事故の方が遙かに件数&被害多いと思うんですけど~

  3. 名無しさん@トレーナー より:

    自然な流れじゃないかな。
    ポケgoは引鉄になっただけだね。

  4. 名無しさん@トレーナー より:

    出る杭は打つスタイルで実に日本らしいよ
    そもそも、年寄りの交通事故然りスマホ運転然り
    適性判断が適正に行われていないのがそもそもの原因じゃないですかね?

    免許取るのを厳しくすれば事故も減るよw

  5. 名無しさん@トレーナー より:

    これくらいせんと辞めんやろ?
    死人出てる今も車でジム回りしてるアホンダラぁがいるんだからな。

  6. 名無しさん@トレーナー より:

    天保山公演の入口のとこに車置く奴も、スマホさわりながら突っ込んでくるからいつ事故が起きてもおかしくない状態。普通の道でもやってるやつ多いから危なーてしゃあない。厳罰でいいと思うわ。

  7. 名無しさん@トレーナー より:

    軽車両の自転車スマホも当然規制やろ。

  8. 名無しさん@トレーナー より:

    自転車乗りながらのスマホも同罪ですね。
    あと、車運転しながらなんて、普通に考えてダメなのわかるでしょう?
    なんで「愛知許さんぞ」とかそういう発言がでるのが分かりません。
    引き殺した犯人が確かに悪い、ですが元はと言えばポケモンGOが存在していたからですよね。
    もっと取り締まりを強化するべきです。
    携帯にはドライブモードがついているでしょう、それをちゃんと設定しなさい。
    そしたら相手だってわかるでしょう?今運転中だから仕方ないって。
    車を降りてから着信を確認すればいいだけでしょう?なぜ結果を急ぐんだろうね。そういうやつは車に乗らないでもらいたい。
    犯罪者予備軍の人達、自覚してくださいね。

コメントを残す

今人気の記事!
サブコンテンツ